拙速な有料化にSTOPを!ゴミ問題を考える集い

本日は、大垣市の荒崎地区センターで「ゴミ問題を考える集い」を行いました。

多くの市民が知らない間に「有料化」の方向性が出されたことで、行政担当課に説明のための出席を求めていましたが、調整がつかず私が説明させて頂きました。

直前の周知だったにもかかわらず、多くの参加者で、ゴミ有料化問題について関心の高さが伺えました。

参加者の中からは、「排出者責任というけれど、ゴミを出さずに生活できない」「オムツや尿パッドなど人には言えないゴミもあり、簡単には減らせない」といった意見が出されました。

リサイクル事業の縮小の一方で、「有料化」に関わる条例案が3月の議会に上程される見込みですが、負担の増加に対し、市民に十分な説明もなく「有料化ありき」の方向性は、納得できるものではありません。

日本共産党大垣市議団は、市民不在のゴミ「有料化」条例の3月上程に反対し、市民が納得できるゴミ減量化政策を強く求めていきます。

紙媒体の署名活動に加え、ネット署名も始めました。ぜひご協力ください。「STOP!市民不在のゴミ減量化政策!(ゴミ袋有料化は少し待って!市民の声を聞いて!)」https://chng.it/BhjNcVMD

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中