上石津給食センターに視察に行きました。

上石津給食センターは、大垣市との合併前の上石津町が建設したものです。上石津小中の義務教育学校(令和6年度開校予定)に合わせて閉鎖するとの報告が昨年の12月議会に上がってきました。この給食センターが閉鎖されると大垣市南部給食センターから約30分かけて配達されることになります。

今、全国的に自校給食が見直されています。衛生管理や災害時のリスク分散、出来立ての給食、地場野菜を取り入れやすいなど小規模ならではのメリットもあります。

上石津給食センターでは、大垣市で唯一お米をセンターで炊いている特徴もあります。

偶然この日、上石津でお会いした公的施設の方も、「給食センターがなくなることは知らなかった」とおしゃってらっしゃいました。

納得のいく議論がなされているのか、市政と地域住民の距離感を改めて考えさせられました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中