プロフィール

cropped-img_1675

1970年生まれ。立命館大学法学部卒業後、高齢者デイサービスの介護職員として勤務しました。

2006年に介護福祉士を取得しました。

その後、立命館大学大学院に進学し、主に高齢者福祉政策(デイサービス事業)に関する研究を行いました。(2008年に修士学位を取得しました。)

2009年には社会福祉士も取得し、介護や子ども、貧困問題などにかかわる福祉の仕事を通して、きめ細やかな福祉政策の重要性を感じてきました。

市民派議員や日本共産党の議員も参加する「大垣の未来をつくる会(旧・住民投票を実現する会)」の共同代表として2017年4月の大垣市議会議員補欠選挙に豪華市庁舎建設の見直し、真の子育て日本一などを掲げ、無所属で立候補し、9108票を得て健闘するも一歩及ばず。

現在は、西濃医療生活協同組合で勤務しています。

また、子育て中の母親として子どもたちに平和な未来を手渡していきたいと強く願っています。

この度、前回の補欠選挙の時に支援を受けた笹田トヨ子市議会議員(日本共産党)よりバトンを引き継ぎ、社会福祉士として福祉現場での仕事の経験を活かし、女性、母親、市民目線で、誰もが安心して暮らせる社会の実現をめざし、頑張る決意です。

どうぞよろしくお願いいたします。

■ 日本共産党大垣市委員会福祉対策委員長

■ 趣味:DIY、温泉・銭湯めぐり、キャンプなど

■ 家族:夫と6歳の子

■ 大垣市日の出町在住