コロナ禍での介護保険制度の課題

Ec7BgdsUcAARlmY

昨日は介護保険課で、コロナ禍に対応するため一時的に、介護報酬の引き上げがなされることについて、詳しいお話を聞いてきました。

サービスを利用する者に一定割合を負担させる仕組みの介護保険制度では、介護報酬が引き上げられると利用者負担が増加します。事業所は、その説明のための労力が必要となります。余力が残っていない事業所にとっては、それなりの負担となることが想定されます。

一方で、コロナ禍で利用者数が減っているデイサービス事業などでは、若干の介護報酬の引き上げがあったとしても、必ずしも事業所の増収につながるというわけではないでしょう。

医療現場でボーナスが出ないところが少なくないという報道もありますが、介護現場の状況もまた、過酷な状況となっています。

医療現場も介護現場も高齢者をはじめとする人々の暮らしを支えるためにギリギリの状況でなんとか踏ん張ってくれています。

今こそ、ここに大胆に公費を投入し、安心して介護や医療が受けられる環境を整備する時ではないでしょうか。

利用者の方のためにも、従業者のためにも、事業所のためにも、そして何よりも国民のために。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中