新年のご挨拶

2019年、明けましておめでとうございます。旧年中は、市政への再挑戦を決意しましたが何かと不安も多く、多くの方に支えられて乗り越えることができました。改めて感謝申し上げます。

年末年始は、家族で夫の実家がある熊本へ行ってきました。

熊本は、再開発が進み建設中の大きなビルなどもあり、地震の復興もかなり進んでいるように見える一方で、高齢者などの世帯では、様々な事情でなかなか再建が難しかったり、まだ、「みなし仮設住宅」などに入居していたりする方もいらっしゃいます。

大きな災害とどう向き合うのか、改めて自治体政策の大切さを感じました。

滞在中の年末、ちょうど熊本市動植物園が地震後、久しぶりに全面開園した直後でもあったので行ってきました。復旧までにかなり時間がかかっている様子がうかがえました。

kumamoto

また、かつては、参勤交代時の宿場町としてにぎわっていたといわれる竹輪で有名な八代市の日奈久温泉に行き、一年の疲れを癒しました。

1月2日には大垣市の八幡神社前で新春の初宣伝活動があるために、元日に慌ただしく帰ってきましたが、いよいよ今年は統一地方選の本番です。

暮らしを支える政策を少しでも前進させるために、私も気合を入れて、頑張ろうと思っていますのでこれまで以上のご支援をお願いいたします。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

西濃社会保障推進協議会の大垣市との懇談

IMG_1396

西濃社会保障推進協議会の事務局員として大垣市との懇談に参加してきました。懇談には、笹田トヨ子議員も同席しました。

IMG_1395

懇談は1時間と限られた時間でしたが、国保負担問題、垣老、特別養護老人ホームの待機者問題、子育て支援の分野では育休退園問題、就学援助や障害児施策、高齢者・障害者の交通問題など大垣市の社会保障施策などについて意見交換を行いました。

福祉のまち大垣の実現に向けて、大垣市の現状確認ができ、有意義な機会となりました。

オリーブの木の花言葉は「平和」と「知恵」

IMG_1292
玄関先にオリーブの木を置いてみました。

オリーブの花言葉は「平和」と「知恵」だそうです。

辺野古新基地建設を争点にした沖縄県知事選で玉城デニーさんが圧勝したにもかかわらず、今月中旬にも土砂投入が予定されていたり、F35戦闘機を100機購入で1兆円だとか、武器を買いすぎて支払えなくなり防衛省が業者に支払い延期を要請したり、消費税の10%への増税を前に、かなり無茶苦茶な状況が続いている気がします。

本当の「平和」の実現のためには「知恵」を出し合うことで、武力で抑え込もうとしても本質的には解決しないものではないでしょうか。

私たちと子どもたちの未来のために「知恵」を出し合い、「平和」な社会を次の世代に手渡していきたいものです。

 

 

みんなでごはん

IMG_2496

最近、子ども食堂などの話題も多くなってきていますが、大垣おやこ劇場のメンバーの方たちが中心になって大垣市の林町公民館で月に一度、「みんなでごはん」という企画が開催されています。参加費は大人500円、子ども100円です。誰でも気軽に立ち寄れる場所として運営されています。

先日は、麺類を中心としたメニューでうどん、ラーメン、スパゲティ、焼きそばなど好きなものをお腹いっぱいいただくことができました。親子で80名ほどの参加だったそうです。

みんなでご飯を食べるという以外に特に何かをするというわけではありませんが、親子で参加して思い思いの時間を過ごします。親同士で子育てのことなど日頃の話をするも良し、子どもたちは、みんなで思いっきり遊んでいます。

そうした時間を共有することの心地よさがこの企画の魅力だと思いました。

また、ぜひ参加したいと思っています。

韓国視察旅行記

先日、笹田トヨ子議員たちが企画した韓国の交通政策や都市問題についての視察旅行に同行させていただきました。

まずは、ソウル市内にある政治と経済の中心だった朝鮮王朝の歴史的建造物である景福宮を訪れました。

IMG_2687 .jpg

その後、NPO支援センターに移動し、キャンドル革命のお話を聞いて市民の力で政治が変わっていく姿に感動を覚えました。

DrRVfR8UwAAWVrF

そして、今回のメインの交通政策や都市問題では、ソウル市内の中心にあった高速道路が交通量が多過ぎて大気汚染につながっていたために高速道路を撤去し緑化地区を設けるなど大胆な政策転換を行い、現在では市民の憩い場になっているというお話をうかがったり、町中にある自転車専用道路などを見ることができました。

IMG_2728

また、「戦争と女性の人権博物館」を訪れることもでき、従軍慰安婦問題などについても学ぶことができました。

写真の蝶の形をしたメッセージカードには、この博物館を訪れた方たちの想いが書きこまれているようでした。

IMG_2389.JPG.jpeg

2泊3日という強行日程でしたが、都市問題、交通政策をはじめ、民主主義や平和の問題や歴史についてたくさんのことを学ぶことができました。

海津市の市民学習会で話題提供をさせてもらいました。

na8zhWc2NHL_7KD1540722023_1540722264

ご報告が遅くなりましたが、10月21日(日)に海津市内の喫茶店で開かれた「海津市民の円卓会議 ~平和と地域の未来を語ろう~」で現在、私が事務局員としてかかわっている西濃社会保障推進協議会が行った自治体アンケートの調査結果を踏まえ、現状と課題、そして今後について話題提供をさせていただきました。

海津市は西濃地域では大垣市に次ぐ規模ですが、社会保障にかかわる自治体政策のあり方や児童館などの子どもの居場所の問題などについても議論が交わされました。

こうして市民の皆さんと対話をしながら地域の課題について考えていく経験は私にとってもひじょうに新鮮なものでした。

市民の皆さんと近い距離で様々な声を聞いて共に考えていくことの大切さを改めて感じました。

昨日は西濃医療生協の健康まつりでした!

IMG_1143

昨日は西濃医療生活協同組合の第18回健康まつりでした。

私は運営側として朝10時からの開催に向けて準備のために少し早めに自宅を出ました。

とくに今年は会場がいつもと違う大垣市ソフトピアジャパンセンター。もしかしたら毎年馴染みの方たちが来てくれないかもしれないという不安もありましたが、約500人の方にご来場頂き大盛況でした。

準備されていた食べ物系の販売も順調に売れていたようです。

ステージでは、カラオケや歌など楽しい出し物が目白押しでした。

ふだんなかなかお話できない方ともお話しする機会に恵まれました。

西濃医療生活協同組合の活動は組合員の皆さん、そして地域の皆さんとともに創っていく活動です。国主導で「我が事丸ごと地域共生社会」の掛け声のもとに進められているこれからの社会保障ですが、それらを地域でどのように受けとめ、そして、どれだけ主体的に創って行くのかということが問われています。

そのために、まずは楽しみながらお互いを知ることができるきっかけとしてこの健康まつりは大きな役割を果たしていると思いました。