大垣市議会議員選挙スタート!

統一地方選後半戦が今日始まりました。

IMG_1999

はんざわ多美は、福祉現場で働いてきた経験を活かし、また、6歳児の子どもを持つ母親、そして女性の立場で日本共産党から子育て・介護・医療・交通政策の社会福祉・社会保障の充実をめざし大垣市議会議員選挙に立候補いたしました。

IMG_2015

事務所前で第1声で大垣市議会議員を4期を務められた笹田トヨ子さんからのバトンを必ず受け継いでいく決意をお話しさせていただきました。

あいにく午後からは雨模様でしたが、たくさんの人に支えられていることを改めて感じる1日目でした。
IMG_2018

これから1週間、全力で頑張りますのでどうぞよろしくご支援お願いいたします!

県議選を終えて、次はいよいよ。

大垣市議だった笹田トヨ子さん、県議選への挑戦で西濃からも日本共産党の女性議員の誕生の願いましたが、及びませんでした。私も連日のように応援に入ってきたので悔しさが残ります。

結果は残念でしたが、大垣市・神戸町区で6065票という日本共産党の県議選立候補者としては、おそらく過去最高と思われる得票を得たことは次の市議選・町議選に向けての希望でもあります。

笹田トヨ子さんは日本共産党の議員として、また、大垣市議会中3名しかいない女性議員のひとりとして、4期の実績を積み重ねてこられました。

常に社会的に弱い立場へ置かれた人々からの声を聞き、高すぎる国民保険料の引き下げなど医療・福祉の充実を訴え続けてこられました。

昨日は、市民の皆さんへ県議選の結果のご報告のために、大垣駅前で街宣活動を行い、私も同行させていただきました。

56582210_1967216160071684_2276280079300427776_n

笹田トヨ子さん、市議4期と県議選、本当にお疲れ様でした!

そして、私は、福祉現場の経験を活かして、また、女性の視点から笹田さんの議席を必ず守っていく決意です。

県議会議員選挙戦も後半戦!

岐阜県議会議員選挙に日本共産党から立候補されている笹田トヨ子さんの個人演説会が、大垣市の中川地区センターで行われました。

IMG_1917

笹田トヨ子さんは、市議4期の実績を携えて子育て、教育を最優先に考え、高齢者や障害を持つ人も活き活きと暮らせる社会への転換を訴えます。

また、環境破壊を誘発する大型開発に待ったをかけ、市民の日常の足となる公共交通の充実を重点項目に上げられています。

IMG_1907

平日の昼間という時間帯にもかかわらず約60人の市民が集まってくれ、私も何としても笹田トヨ子さんの大垣市議会議員としての功績を継承していく決意をお話させていただきました。

笹田トヨ子議員とともに奮闘し市政に新しい風を吹き込んできた中田としや大垣市議会議員、鈴木愛子神戸町議会議員も応援に駆けつけてくれ、最後は、手をつないで当選への決意を示しました。

IMG_1929

4月7日の投票日まであとわずか、笹田トヨ子さんをぜひ県議に押し上げ、西濃から女性議員を誕生させ県議会に新しい風を吹き込みましょう!

県議会議員選挙がスタート

IMG_1871
本日から統一地方選の火ぶたを切る岐阜県議会議員選挙が告示されスタートしました。

大垣市・神戸町選挙区からは、いつもお世話になっている笹田トヨ子さんが市議4期の実績を基に県政に挑戦します。

今日は出陣式。私は、司会の大役を務めさせていただくことになりました。

いつも弱い者の立場に寄り添って議員活動をされてきた笹田トヨ子さん、また、女性議員も少ない中で辛いこともたくさんあったと思いますが、いつも朗らかさを忘れない姿は、私の憧れでもあります。

ぜひ、笹田トヨ子さんを県政に押し上げ、岐阜県政に新しい風を吹き込むために全力で応援していきたいと思います。

そして、私も笹田トヨ子さんの後継としてしっかりと足固めをしていきたいと改めて決意しました。

どうぞ皆さん、よろしくご支援いただけますようお願い申し上げます。

保育園のお別れ会

owakarekai
(園長先生とパチリ)

昨日は、保育園のお別れ会でした。

我が子が入園してあっという間の4年間でした。共同保育所の伝統を受け継ぐ保育園で、子どもと親と職員が本当に共同して作り上げる保育実践を実感できた4年間でした。

夏と冬には大掃除、夏まつり、お泊り会、餅つき、節分・・・一年中、イベントが続きます。保護者にも一定の役割や出番があり、正直、大変なところもありましたが子どもの笑顔を見ると今となってはい良い思い出です。

最後は、手作りの「お別れ会」。我が子の成長に涙が溢れました。自然にいっぱい触れさせてくれ、できる限り子どもの主体性を大切にしながら組み立てる保育実践で子どもの育ちを支えてくれた保育園に感謝です。そして、保育園つながりで出会ったたくさんの人に支えられて今があります。

我が子も4月から小学生。留守家庭児童教室(学童保育)をめぐる情勢も厳しいものがあり、今後どうなっていくのか少し不安もありますが、子どもたちが安心して成長できる場を大人の責任として提供していければと思います。

3月の大垣市議会傍聴記

昨日は、大垣市の3月議会の傍聴に行ってきました。

今回は、日本共産党の笹田トヨ子議員が紹介議員となり、「国に対し、『消費税増税中止を求める意見書』の提出を求める請願書」と「75歳以上の後期高齢者医療自己負担原則2割化に反対する意見書を求める請願」の2件が提出されました。

本会議では、「国に対し、『消費税増税中止を求める意見書』の提出を求める請願書」は、「不採択」となり、「75歳以上の後期高齢者医療自己負担原則2割化に反対する意見書を求める請願」は、「継続審議」となりました。

しかし、市民の暮らしの中で景気回復が実感できない中での消費税増税、75歳以上の後期高齢者医療自己負担原則2割化について、多くの不安と懸念があります。

とくに、大垣市の老人医療費助成制度(垣老)にも影響を与える後期高齢者医療費窓口2割負担に対しては、大垣の宝である垣老を守るためにもきちんと意思を示していく必要があると思います。

国による社会保障削減の方向性が示される中で、自治体政策は、市民の暮らしを守る防波堤となります。このことを改めて胸に刻み、活動していく決意です。

はんざわ多美・笹田トヨ子合同事務所開き


先日、大垣市宮町ではんざわ多美・笹田トヨ子の合同事務所開きが行われました。

事務所は、県政に挑戦する笹田トヨ子さんと合同でこれからの活動の拠点としていきます。

私は、とくに地域の方とお話しすると高齢化が進んでいる郊外から大垣市内中心部までの交通アクセスやその料金の高さなどについて気にされている方が少なくないという実態が分かってきたので、交通政策に力を入れていきたいというご挨拶をさせていただきました。

大垣市議会も岐阜県議会も女性議員がまだまだ少な過ぎますのでぜひ、市政や県政に女性の視点を活かしていければと笹田トヨ子さんとともに頑張っていく決意ですのでどうぞよろしく応援お願いいたします。