子育て、医療、介護、交通政策を進めたい。

IMG_1675

選挙戦最終盤に向け、はんざわ多美より改めて私の思いをお伝えさせて頂きたいと思います。

私は、これまで介護職員やソーシャルワーカーとして福祉の現場で働いてきた中で暮らしの中に様々な課題があることを見てきました。

子育て支援といいながら、保育士の数が足りない、高すぎる国保の保険料や医療費の自己負担、介護問題、そして、車の運転免許返納後や郊外からの移動手段の確保の問題などです。

もちろん、福祉政策の多くは国の動向に左右されることは少なくありませんが、自治体独自で取り組むことができることもたくさんあります。

今では、一般的な福祉サービスとなった高齢者のデイサービスも最初は、民間のとりくみが自治体に、そして国へと広がったものです。

自治体には地域住民の暮らしを守る責任があります。市民の皆様の声に耳を傾け、地域住民とともに望まれる福祉のまちづくりを進めていきたいと思います。

子育て、医療、介護、交通政策などを充実させることが暮らしを守ることにつながります。そのためにも、福祉の現場を通して見えてきた課題について具体的に検討し、新たな取り組みの提案が必要です。

次世代を担う子どもたち、そしていつまでも安心して暮らせる老後の実現のために、どうぞ議会に送り出してくださいますようお願い申し上げます。

暮らしに希望を。

はんざわ多美

いよいよ終盤戦へ

5日目を終え、いよいよ明日から終盤戦突入です。明日は各所で街頭演説を行います。お近くの方はぜひ聞きに来てくださると嬉しいです。

IMG_2055

今日は、天気も良く汗ばむほどの陽気となりました。子どもの育ちや高齢者をささえる政策を中心に公園の近くなどで街頭演説をさせていただきました。

IMG_2054

福祉現場で働いてきた経験から具体的に政策提案をしていきたいと思います。ぜひ議会で働かせてくださいますようお願い申し上げます。

子どもの育ちをささえるまちに。

選挙戦4日目の今日は、大垣市の西部地域を中心に回りました。

IMG_2048

毎日のように流れる子どもの貧困や児童虐待のニュースですが本当に心が痛みます。子どもたちの育ちをささえ、笑顔のあふれるまちにしていくために自治体が主体的に取り組んでいけることはたくさんあります。

子育て真っ盛りの母親の立場から、また、福祉の現場で働いてきた経験を活かし、市政に市民の皆さんの声を届けていきたいと思います。たとえば、留守家庭教室(学童保育)の充実や保育人材の確保について各自治体で何ができるのかということを具体的に考えていく必要があります。

厳しい選挙戦ですが、ぜひ、はんざわ多美を議会に送りだしてくださるようお願いいたします。

午後からは雨模様。雨が降るとなかなか思うように街宣活動ができませんが、今日から中盤戦、気を引き締めて臨んでいきたいと思います。

明日から中盤戦

本日は、午前中は、息子が卒園した保育園で朝のご挨拶、そして、選挙事務所での小集会、そして午後から街宣活動というスケジュールでした。

IMG_6653

小集会で対話した方の中には、高すぎる国保料や消費税増税などに対する不安を語られた方もいらっしゃいました。

午後からは中心部から離れたところでの街宣活動。集落の高齢化が進んでおり、運転免許証の返納後の移動手段の確保やバスの利便性といった課題を多く抱えている地域です。

この問題について、訴えやすように似顔絵イラストを描いてもらった知人がもう一つイラストを描いてくれました。とってもかわいらしくて感謝です。

大垣市でもコミュニティバスやデマンドタクシーの導入などの検討を進めていきたいと考えています。

c8Gb4hEqyfMDUe21555417465_1555417780.png

明日から中盤戦ですが、最後まで駆け抜けていきたいと思いますのでどうぞご支援をお願いいたします!

選挙戦二日目

選挙戦2日目は昨日の雨模様とは打って変わって良い天気に恵まれました。

町中に響き渡る他陣営の宣伝カーや看板に貼られたポスターを見ると選挙期間ということを実感します。

IMG_2036

定数22に26人が立候補。かなりの激戦が予想されます。ちょうど女性候補のポスターの位置が固まりました。女性候補は3人です。

さて、今日の午後は、選挙カーではなく歩いて町中で街頭演説を行いました。

59DEE5D7-DD31-4362-8AEC-95D6B4012F24.jpeg

高齢者の方の運転免許返納後など行きたいところに行くための交通手段がない状態を改善していく交通政策が求められており、これも重要な福祉政策として取り組んでいきたいと思います。

IMG_2035.jpg

子育て、医療、介護、そして交通政策、福祉のまちづくりの実現をぜひ、はんざわ多美に託していただけるようお願いいたします。

大垣市議会議員選挙スタート!

統一地方選後半戦が今日始まりました。

IMG_1999

はんざわ多美は、福祉現場で働いてきた経験を活かし、また、6歳児の子どもを持つ母親、そして女性の立場で日本共産党から子育て・介護・医療・交通政策の社会福祉・社会保障の充実をめざし大垣市議会議員選挙に立候補いたしました。

IMG_2015

事務所前で第1声で大垣市議会議員を4期を務められた笹田トヨ子さんからのバトンを必ず受け継いでいく決意をお話しさせていただきました。

あいにく午後からは雨模様でしたが、たくさんの人に支えられていることを改めて感じる1日目でした。
IMG_2018

これから1週間、全力で頑張りますのでどうぞよろしくご支援お願いいたします!

県議選を終えて、次はいよいよ。

大垣市議だった笹田トヨ子さん、県議選への挑戦で西濃からも日本共産党の女性議員の誕生の願いましたが、及びませんでした。私も連日のように応援に入ってきたので悔しさが残ります。

結果は残念でしたが、大垣市・神戸町区で6065票という日本共産党の県議選立候補者としては、おそらく過去最高と思われる得票を得たことは次の市議選・町議選に向けての希望でもあります。

笹田トヨ子さんは日本共産党の議員として、また、大垣市議会中3名しかいない女性議員のひとりとして、4期の実績を積み重ねてこられました。

常に社会的に弱い立場へ置かれた人々からの声を聞き、高すぎる国民保険料の引き下げなど医療・福祉の充実を訴え続けてこられました。

昨日は、市民の皆さんへ県議選の結果のご報告のために、大垣駅前で街宣活動を行い、私も同行させていただきました。

56582210_1967216160071684_2276280079300427776_n

笹田トヨ子さん、市議4期と県議選、本当にお疲れ様でした!

そして、私は、福祉現場の経験を活かして、また、女性の視点から笹田さんの議席を必ず守っていく決意です。