韓国視察旅行記

先日、笹田トヨ子議員たちが企画した韓国の交通政策や都市問題についての視察旅行に同行させていただきました。

まずは、ソウル市内にある政治と経済の中心だった朝鮮王朝の歴史的建造物である景福宮を訪れました。

IMG_2687 .jpg

その後、NPO支援センターに移動し、キャンドル革命のお話を聞いて市民の力で政治が変わっていく姿に感動を覚えました。

DrRVfR8UwAAWVrF

そして、今回のメインの交通政策や都市問題では、ソウル市内の中心にあった高速道路が交通量が多過ぎて大気汚染につながっていたために高速道路を撤去し緑化地区を設けるなど大胆な政策転換を行い、現在では市民の憩い場になっているというお話をうかがったり、町中にある自転車専用道路などを見ることができました。

IMG_2728

また、「戦争と女性の人権博物館」を訪れることもでき、従軍慰安婦問題などについても学ぶことができました。

写真の蝶の形をしたメッセージカードには、この博物館を訪れた方たちの想いが書きこまれているようでした。

IMG_2389.JPG.jpeg

2泊3日という強行日程でしたが、都市問題、交通政策をはじめ、民主主義や平和の問題や歴史についてたくさんのことを学ぶことができました。

海津市の市民学習会で話題提供をさせてもらいました。

na8zhWc2NHL_7KD1540722023_1540722264

ご報告が遅くなりましたが、10月21日(日)に海津市内の喫茶店で開かれた「海津市民の円卓会議 ~平和と地域の未来を語ろう~」で現在、私が事務局員としてかかわっている西濃社会保障推進協議会が行った自治体アンケートの調査結果を踏まえ、現状と課題、そして今後について話題提供をさせていただきました。

海津市は西濃地域では大垣市に次ぐ規模ですが、社会保障にかかわる自治体政策のあり方や児童館などの子どもの居場所の問題などについても議論が交わされました。

こうして市民の皆さんと対話をしながら地域の課題について考えていく経験は私にとってもひじょうに新鮮なものでした。

市民の皆さんと近い距離で様々な声を聞いて共に考えていくことの大切さを改めて感じました。

昨日は西濃医療生協の健康まつりでした!

IMG_1143

昨日は西濃医療生活協同組合の第18回健康まつりでした。

私は運営側として朝10時からの開催に向けて準備のために少し早めに自宅を出ました。

とくに今年は会場がいつもと違う大垣市ソフトピアジャパンセンター。もしかしたら毎年馴染みの方たちが来てくれないかもしれないという不安もありましたが、約500人の方にご来場頂き大盛況でした。

準備されていた食べ物系の販売も順調に売れていたようです。

ステージでは、カラオケや歌など楽しい出し物が目白押しでした。

ふだんなかなかお話できない方ともお話しする機会に恵まれました。

西濃医療生活協同組合の活動は組合員の皆さん、そして地域の皆さんとともに創っていく活動です。国主導で「我が事丸ごと地域共生社会」の掛け声のもとに進められているこれからの社会保障ですが、それらを地域でどのように受けとめ、そして、どれだけ主体的に創って行くのかということが問われています。

そのために、まずは楽しみながらお互いを知ることができるきっかけとしてこの健康まつりは大きな役割を果たしていると思いました。

子どもの居場所としての児童館

先日、大垣市墨俣にある児童館に見学に行ってきました。

IMG_2225.JPG

児童館は、子どもの居場所、遊び場のひとつとして注目しても良い施設ではないでしょうか。

特に今年のように酷暑が続く夏休みや放課後、あるいは日中いつでも職員さんが見守ってくれる中、子どもが安心して遊ぶことができます。

夏休みなどは、小中学生がたくさん訪れるそうです。いつでも親子で気軽に訪れることができる場所になっています。

大垣市にはこうした児童館はほとんどなく、合併前の墨俣町が持っていた施設を大垣市が引き継いだ形になります。

職員さんにお話を伺うことができましたが、こうした場所は市民の財産として残していけるのではないかと思います。

必ずしも新設でなくても、最近の課題となっている空き家の活用や既存施設の改修なども視野に入れて子どもたちの居場所を創っていくひとつの選択肢になると思います。

市民の皆さんとの対話集会

IMG_1045

本日、日本共産党参議院議員の井上さとしさん、参議院岐阜選挙区予定候補者の高木光弘さん、大垣市議会議員の笹田トヨ子さん、中田としやさんと私がパネリストとなり市民の皆さんとの対話集会が開催されました。

集会は、約90名ほどの参加があり、身近な社会保障の問題から子育て支援、核兵器廃絶に向けての動きなどについて様々なテーマで議論が交わされました。

IMG_5392

中田としや議員からは小学生のランドセルが重くなっている「置き勉」問題、笹田トヨ子議員からは高齢者の交通政策問題、そして高木光弘さんからは岐阜県における野党共闘の動きなどについてお話がありました。

そして私は、大垣市の独自の老人医療費助成制度(垣老)があることで高齢者の医療費が1割負担で済んで助かっているという多くの市民の皆さんの声を踏まえ、この制度を守り続けることの大切さなどについてお話しさせていただきました。

IMG_5398

最後は、井上さとしさんより、国政における最新の野党共闘の動きなどのお話があり、やはり市民の力が政治を変えていく原動力となることを改めて感じました。

IMG_1070

集会の後は、大垣駅南口の水都の泉(通称:亀の池)前で、5人が揃い街宣を行いました。

子どもからお年寄りまで誰もが安心して暮らせる社会のためにぜひ、皆さんのご支援をお願いいたします。

いわさきちひろの世界で遊ぶ

先日、家族で東京の練馬区にある「ちひろ美術館」に行ってきました。

ちひろ美術館は最後まで平和を願い続けた絵本画家いわさきちひろの作品を集めた美術館で、今は、いわさきちひろ生誕100年を記念して、ちひろの絵の中に入って遊ぶことのできる企画展が開催されています。

IMG_2077

ちひろの絵のひとつひとつが優しさにあふれ、自分の子どもがちひろの絵の世界で遊んでいる姿をみて子どもの純粋さや将来に思いを巡らせました。

IMG_1022

いわさきちひろが生きた時代は、厳しい戦争の時代でその経験から平和を願う強い想いが絵の中に込められています。

子どもたちの未来に平和な時代を手渡すことができるかどうかというのは大人の責任だと改めて感じました。

保育園最後の運動会

undoukai

6歳になる息子の保育園最後の運動会に参加して来ました。

今の保育園に移って4回目になりますが、あっという間に時間が過ぎてきたような気がします。

息子の通う保育園は、大垣市で繊維産業が盛んだった頃つくられた共同保育所の流れを汲む保育園で、親も保育園行事には実行委員会などを作って積極的に参加します。

まさに「親子」で作り上げていく運動会で、親も「競技」に参加します。私もリレーに参加しました。

年長さんが踊る「キッズソーラン」、息子もしっかり踊っていて成長を感じました。

残りあとわずか、いよいよ今週は小学校に上がる準備のための健康診断。けんかもしたし、仲間の大切さを知り、たくさんの自然と触れ合わせてくれた保育園に感謝です。

息子の成長ももちろん嬉しいですが、子どもたちが伸び伸びと過ごせる環境、そして安心して子どもを託すことのできる環境を整えていくのは大人の責任、最後の運動会でそんなことも考えました。