「新春のつどい」が行われました!

昨日は、午後から日本共産党新春のつどいが大垣市の総合福祉会館で行われました。

2019年に予定される参議院選挙と統一地方選において、野党共闘と日本共産党の躍進で、新しい政治を目指す決意のもとに、西濃地方各地の予定候補者や現職議員が結集しました。

第1部では、美しい琴の演奏や寸劇など楽しいひと時を送ることができました。

第2部では、各地の予定候補者から挨拶が行われ、私も、大垣市議会議員の予定候補者として挨拶をさせていただき、女性や市民の目線で市政に取り組んでいく決意をお話させて頂きました。

IMG_1604.jpg

その後、日本共産党参議院議員の武田良介さんから、「消費税増税、防衛費拡大より社会保障を充実させよう、財源は儲けを出している大企業にきちんと課税していこう」という講演がありました。

IMG_1612.jpg

そして、最後は予定候補者勢ぞろいしました。

IMG_1613.jpg

いよいよ、緊張してきていますが最後まで頑張り抜きたいと思います!

「垣老」を守りたい

大垣市には自治体独自施策の老人医療費助成制度(垣老)があります。

現在、国の制度では75歳以上の後期高齢者の方が医療費1割負担となっていますが、大垣市では全国でも珍しい70歳以上の方が窓口1割負担となっています。

これが「垣老」と呼ばれる大垣市独自の老人医療費助成制度なのです。

下の表を見ていただければ「垣老」がどのような制度であるかご理解いただけるのではないかと思います。

gakirou.jpg

年金受給者の3分の1が基礎年金のみで、その平均支給額は4万4千円(全国)とも言われる中で、医療費の負担が少なくて済むのは本当にありがたいことです。

ただ、大垣市議会での中田としや議員(日本共産党)の「今後も継続ですか?」という質問に対し、行政担当者は「今後は未定」と答えています。

健康問題にいろいろと不安が出てくる高齢期に安心して受診できるこの制度は党派を超えた大垣市民の皆さんの粘り強い運動の積み重ねの成果であり、「大垣の宝」ともいえます。

私は、この制度を必ず守っていきたいと思います。

 

DIYやってます。

今日は、政治のことはひと休み。

IMG_1528.jpg

趣味のDIYで棚を作っています。

パソコンのプリンター置き場やカバン置き場。もちろん1日で作り上げるのは難しいですが、出来上がると収納に大活躍します。

以前から、本棚やちょっとした棚を作ったりしています。

家のサイズに合わせて、自由に作れるところがDIYの魅力ですね。

新年のご挨拶

2019年、明けましておめでとうございます。旧年中は、市政への再挑戦を決意しましたが何かと不安も多く、多くの方に支えられて乗り越えることができました。改めて感謝申し上げます。

年末年始は、家族で夫の実家がある熊本へ行ってきました。

熊本は、再開発が進み建設中の大きなビルなどもあり、地震の復興もかなり進んでいるように見える一方で、高齢者などの世帯では、様々な事情でなかなか再建が難しかったり、まだ、「みなし仮設住宅」などに入居していたりする方もいらっしゃいます。

大きな災害とどう向き合うのか、改めて自治体政策の大切さを感じました。

滞在中の年末、ちょうど熊本市動植物園が地震後、久しぶりに全面開園した直後でもあったので行ってきました。復旧までにかなり時間がかかっている様子がうかがえました。

kumamoto

また、かつては、参勤交代時の宿場町としてにぎわっていたといわれる竹輪で有名な八代市の日奈久温泉に行き、一年の疲れを癒しました。

1月2日には大垣市の八幡神社前で新春の初宣伝活動があるために、元日に慌ただしく帰ってきましたが、いよいよ今年は統一地方選の本番です。

暮らしを支える政策を少しでも前進させるために、私も気合を入れて、頑張ろうと思っていますのでこれまで以上のご支援をお願いいたします。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

西濃社会保障推進協議会の大垣市との懇談

IMG_1396

西濃社会保障推進協議会の事務局員として大垣市との懇談に参加してきました。懇談には、笹田トヨ子議員も同席しました。

IMG_1395

懇談は1時間と限られた時間でしたが、国保負担問題、垣老、特別養護老人ホームの待機者問題、子育て支援の分野では育休退園問題、就学援助や障害児施策、高齢者・障害者の交通問題など大垣市の社会保障施策などについて意見交換を行いました。

福祉のまち大垣の実現に向けて、大垣市の現状確認ができ、有意義な機会となりました。

オリーブの木の花言葉は「平和」と「知恵」

IMG_1292
玄関先にオリーブの木を置いてみました。

オリーブの花言葉は「平和」と「知恵」だそうです。

辺野古新基地建設を争点にした沖縄県知事選で玉城デニーさんが圧勝したにもかかわらず、今月中旬にも土砂投入が予定されていたり、F35戦闘機を100機購入で1兆円だとか、武器を買いすぎて支払えなくなり防衛省が業者に支払い延期を要請したり、消費税の10%への増税を前に、かなり無茶苦茶な状況が続いている気がします。

本当の「平和」の実現のためには「知恵」を出し合うことで、武力で抑え込もうとしても本質的には解決しないものではないでしょうか。

私たちと子どもたちの未来のために「知恵」を出し合い、「平和」な社会を次の世代に手渡していきたいものです。

 

 

みんなでごはん

IMG_2496

最近、子ども食堂などの話題も多くなってきていますが、大垣おやこ劇場のメンバーの方たちが中心になって大垣市の林町公民館で月に一度、「みんなでごはん」という企画が開催されています。参加費は大人500円、子ども100円です。誰でも気軽に立ち寄れる場所として運営されています。

先日は、麺類を中心としたメニューでうどん、ラーメン、スパゲティ、焼きそばなど好きなものをお腹いっぱいいただくことができました。親子で80名ほどの参加だったそうです。

みんなでご飯を食べるという以外に特に何かをするというわけではありませんが、親子で参加して思い思いの時間を過ごします。親同士で子育てのことなど日頃の話をするも良し、子どもたちは、みんなで思いっきり遊んでいます。

そうした時間を共有することの心地よさがこの企画の魅力だと思いました。

また、ぜひ参加したいと思っています。